女性

バストアップ手術について

胸

美容外科クリニックに行けば、小さな胸を大きくする豊胸手術を受けることができます。欧米人に比べると日本人女性の体格はかなり貧弱なので、胸が小さいという悩みを抱えている人が想像以上にたくさんいます。胸にパッドを入れて誤魔化すという方法もありますが、服を脱いでしまえば全部バレてしまいます。小さな胸がコンプレックスになって男性とのお付き合いに消極的になってしまっている人は、美容外科クリニックへ行って豊胸手術を受けてみるようにした方がよいです。ただし、美容外科クリニックの治療は原則的に健康保険が適用されません。治療費全額を患者が自己負担することになるということを覚えておく必要があります。どのような種類の豊胸手術を受けるのか、また、何カップ位バストアップするのかなどによってかかる費用が大きく変わってきますが、軽く100万円前後はかかると考えておくのが無難です。数ある美容外科クリニックの中には保険診療を取り扱っているところもありますが、そのようなクリニックを利用した場合でも、豊胸手術に保険が効くことはありません。少しでも安い費用で豊胸手術を受けたいと考えている人は、複数のクリニックの手術料金を比較してみるのが望ましいです。ほとんど同じ内容の手術でも、クリニックごとに料金設定がマチマチになっていますので、多少手間がかかってしまっても、事前に料金比較を行うのが一番です。また、豊胸手術のモニターを募集しているクリニックを利用すれば、大幅に費用を節約できる可能性があります。モニターを募集しているクリニックはあまり多くありませんが、探してみるというのも1つの方法です。

豊胸手術には様々な方法があります。先程も言ったように豊胸手術の料金は決して安くないため、少しでも料金の安い手術を受けたいと希望する人が多いですが、料金の安さだけで受ける手術を決めてしまうとあとで後悔する可能性が出てきます。ですので、料金以外の点も十分に検討した上で、豊胸手術の方法を決めるようにした方がよいです。多少費用がかかっても、見た目や手触りに違和感のない豊胸を希望している人には、脂肪注入法が適しています。この方法を選んだ場合、細くしたい部位から脂肪吸引をしてもらえるため、豊胸効果だけでなく痩身効果まで得られてしまうというメリットがあります。ただし、胸に傷跡が残らない反面、脂肪吸引をした部位には手術痕が残ってしまいます。また、かなり高額の費用がかかりますので、それらのことを踏まえた上で決めるようにするのが望ましいです。一方、胸をドーンと大きくしたいと希望している人は、人工乳腺バッグを挿入する豊胸手術を受ける必要があります。なぜかというと、ヒアルロン酸注入法や脂肪注入法では、せいぜい1カップ程度しかバストアップすることができないためです。人工乳腺バッグ挿入法の場合は、選んだバッグの大きさ通りの胸にすることができます。また、バッグが破損しない限り、半永久的に豊胸効果を維持し続けることが可能です。とはいえ、皮膜拘縮が発生するおそれがありますので、術後のマッサージを怠ることができません。術後ケアやダウンタイムが不要の豊胸手術を望んでいる人は、ヒアルロン酸注入法を利用するとよいです。バストアップ効果に永続性はありませんが、とても気軽に利用できる方法であるため、近年大人気になっています。