女性

脂肪注入法の手術について

整形

現在一般的に行なわれている豊胸手術は、人工乳腺バッグ挿入法、ヒアルロン酸注入法、脂肪注入法の3種類です。いずれの方法にもメリットとデメリットの両方がありますので、医師とよく相談して、それぞれの人が自分に一番合った方法で手術を受けるようにすることが大切です。この3種類の豊胸手術の中で最も自然に近い方法と言えるのは、脂肪注入法による手術です。人工乳腺バッグ挿入法の場合は、胸に工場で作られた人工乳腺バッグが挿入されることになります。改めて言うまでもないことですが、人工乳腺バッグは自然の産物ではありません。最近の人工乳腺バッグはかなり高品質になってきていますが、人為的に作られた物には違いありません。科学の力で生み出された異物を半永久的に体の中に留めておくことになりますので、強い抵抗を感じてしまう人が少なくありません。また、ヒアルロン酸注入法による豊胸手術の場合も、似たようなことを指摘することができます。ヒアルロン酸注入法の場合は、体内に注入されたヒアルロン酸がずっと消えずに残り続けるわけではないので、そういった意味からすれば安心して利用できる方法です。とはいえ、体内に異物を入れるという点では、人工乳腺バッグ挿入法と何ら変わりがありません。しかし、脂肪注入法による豊胸手術の場合は、患者自身の体から採取した脂肪を材料にして胸を膨らませることになりますので、一番自然に近い方法だと言うことができます。手触りや見た目の違和感がほとんど生じませんし、アレルギー反応が起こる心配が全くないため、脂肪注入法による豊胸手術を希望する人の数が少しずつ増えてきています。

人工乳腺バッグ挿入法による手術を受けた場合は、半永久的な豊胸効果を得ることができます。体から人工乳腺バッグを摘出する手術を受けない限り、貧乳に戻ってしまうことはありません。バッグの破損を心配する人が多いですが、手術で使用される人工乳腺バッグの耐久性はかなり高いので、万が一胸を強打することがあったとしても、破れたりする心配はほとんどありません。ですので、死ぬまで大きな胸でい続けたいと希望している人は人工乳腺バッグ挿入法による豊胸手術を受けるのが一番です。一方、ヒアルロン酸注入法の場合は、豊胸効果をあまり長持ちさせることができません。手術の際に使用するヒアルロン酸の種類や患者の体質等によって効果持続期間が変わってきますが、概ね1〜2年で胸が元のサイズに戻るものと考えておくのが無難です。ただし、効果持続期間は短いものの、体がほとんどダメージを受けない方法ですので、日常生活に支障が出ません。そのため、仕事を持っている女性がヒアルロン酸注入法による豊胸手術を受けるケースが多くなっています。判断に迷ってしまうのが、脂肪注入法による豊胸手術です。脂肪注入法の場合は、注入した脂肪の生着率がどの程度であるかによって、豊胸効果の持続期間が丸っきり変わってしまう可能性があります。体から吸引した脂肪をそのまま胸に注入すれば、費用を安く抑えることができます。しかし、その場合の脂肪の生着率ははっきり言ってあまりよくありません。場合によっては、術後すぐに元のペタンコ状態に戻ってしまいます。ですので、少しでも豊胸効果を長持ちさせたいのであれば、吸引した脂肪から不純物を取り除き、細胞を活性化させる処理を施してから胸に注入するようにした方がよいです。上手く脂肪が生着してくれれば、半永久的な豊胸効果を手に入れることが可能になります。