女性

胸を豊かにする手術とは

女性

小さな胸を大きくしたいという希望を持っている人は、美容外科クリニックへ行って豊胸手術を受けるようにするとよいです。どうせ費用や手間をかけるのであれば、効果があるのかどうか判然としないバストアップサプリメントのような物に頼るのではなく、最初から医学的治療を受けるようにした方が無駄がありません。豊胸手術の料金は決して安くありませんが、かけた費用に見合うだけのバストアップ効果を確実に得ることができます。ただし、一口に豊胸手術と言っても様々な方法がありますので、それぞれの違いを十分に理解した上で、受ける手術を決めるようにする必要があります。現在、日本国内の美容外科クリニックで行なわれている豊胸手術は、大きく3種類に分けることができます。それは、人工乳腺バッグ挿入法、ヒアルロン酸注入法、脂肪注入法の3つです。人工乳腺バッグ挿入法というのは、皮膚をメスで切開し、そこから生理食塩水バッグやプロテーゼバッグを挿入する方法です。また、ヒアルロン酸注入法は、ヒアルロン酸注射を胸に打つことによって希望するサイズに胸を膨らませるという方法です。一方、脂肪注入法というのは、まず最初に脂肪吸引手術を行って患者の体から脂肪細胞を取り出し、その脂肪に加工処理を施した上で胸に注入する方法です。最近になって、最先端の皮膚再生医学を応用した豊胸手術を実施する美容外科クリニックが登場してくるようになりましたが、全体から見るとまだまだ少数派になっています。そのため、胸を大きくしたいという希望を持っている人は、上述した3種類の中からいずれかの方法を選んで手術を受けることになります。

クリニックによって手術料金の設定がマチマチになっていますが、この3種類の豊胸手術の中で一番費用が安くあがるのはヒアルロン酸注入法による手術です。逆に一番高額の費用がかかるのは、脂肪注入法による手術だと言うことができます。なぜ脂肪注入法による手術が高額になってしまうのかというと、豊胸手術を行う前提としてまず脂肪吸引手術を行う必要があるためです。簡単に言ってしまうと2つの手術をすることになりますので、必然的に料金が高額になってしまいます。また、体内に注入した脂肪の生着率を上げるための加工処理の手間もかかりますので、ヒアルロン酸注入法による豊胸手術を受ける場合の倍以上の費用がかかってしまうケースが多いです。ただし、費用面の違いにだけ着目して手術方法を決めてしまうと、あとで後悔する可能性があります。ですので、それぞれの手術方法の特徴や豊胸効果の出方の違いなどをキチンと知った上で、最終的な決定を下すようにすることがとても重要になってきます。先程も述べた通り、ヒアルロン酸注入法による豊胸手術の料金はとてもリーズナブルです。しかし、豊胸効果を持続させることができるのは概ね1〜3年程度です。個人差がありますので一概に言うことは難しいのですが、手術後3年も経てば、胸が元のペタンコ状態に戻ってしまいます。ですので、半永久的な豊胸効果を得たいと希望している人は、人工乳腺バッグ挿入法による手術を受けるようにした方がよいです。ちなみに、脂肪注入法による手術の場合は、脂肪の生着率によって豊胸効果の持ちが大きく変わってくることになりますので、実際に手術を受けてみないことには何とも言えない部分があります。